簡易金型による小・中ロットの試作・射出成型専門

  • HOME
  • よくある質問
  • 会社案内
  • サイトマップ

TEL:0766-72-8320 | FAX:0766-72-8321

メールで問合せ

〒935-0056  富山県氷見市上田字上野10-22(C3)

簡易金型

簡易金型

簡易金型(試作金型)は、中ロットの射出成形品のコストパフォーマンスに優れています。多くの場合、1個~10個程度の成形品は切削加工や3Dプリンタ、10,000個~20,000個を超える場合は量産金型による射出成形が費用対効果に優れています。

弊社では、10個~20,000個までの中ロット品に向けた射出成形用の簡易金型を製作し、成形品を納めています。

主要金型サイズ

通常200mm×200mm~300mm×500mmクラス

成形品サイズ

35t~100t(最大200t)

最適ロット数

10個~20,000個程度

平均ショット数

100~300

射出成形対応材質

ABS、PC(ポリカ)、エラストマー、PP、PE、PBT、POM、ナイロン、その他(ガラス入り材料にも対応しています)

加工方法とロット数によるコストの推移

簡易金型の特徴と選ばれる理由

1

量産用金型に比べ低コスト・短納期

簡易金型ではアルミを使うため、従来の量産用金型に比べ低コスト・短納期対応が可能です。1個~20,000個のロット数であればコストや納期の削減に繋がります。

2

各種樹脂成形が可能

軟質樹脂から高硬度な樹脂、ガラス入り樹脂まで量産用金型と同様に射出成形が可能です。

3

複雑な形状の成形が可能

切削加工では難しい形状も、一体物で成形が可能です。

4

本番環境で強度テストなどの各種検査が可能

3Dプリンタでは難しい強度なども再現可能。完成品として検査して頂けます。

製品例

簡易金型

工期最短 3日程度
ロット 300

簡易金型

工期最短 5日程度
ロット 100

PC材質の製品

工期最短 3週間程度
ロット 150

製品参考価格一覧はこちら

PAGE TOP